北葛城郡社会福祉協議会 災害ボランティアセンター設置・運営訓練

 

2021年3月20日(土)王寺町文化福祉センター2Fにおいて「北葛城郡社会福祉協議会 災害ボランティアセンター設置・運営訓練」が行われ、関係者総勢46名が参加されました。この訓練は、北葛城郡4町社協が主催してのボランティアセンター立ち上げ訓練であり、今回王寺町が初の開催で、次回は広陵町という様に郡内を回る予定になっています。奈良県防災士会からは、防災士の3名がお手伝いとして参加しました。

王寺町社協 柏本局長の開会あいさつの後、Aグループ(運営側)とBグループ(ボランティア・住民役)に分かれ、Aグループは会場内にある限られた資材を用いてボランティアセンターを開設。Bグループはボランティアに来た側に立って、どう振舞うかの事前レクチャーを受け、第1回目の訓練スタート。コロナ対策により、事前受付を設営してあり、床のテーピングにより間隔を開けて並び体温測定。その後受付~マッチング~オリエンテーション~資材貸出~送り出しと、一連の流れで訓練を進めました。次はAグループとBグループの役を交代し、第2回目の訓練がスタート。私はマッチングを担当しましたが、・密を避けて指示を出す・臨機応変に対応する・わからない事は本部に指示を仰ぐ等、運営側の采配の難しさを知る事ができました。

今回災害ボランティアセンター経験者が、各セクションに「ワンポイントアドバイザー」として常駐し、進め方のアドバイスや疑問点などを質問でき、非常にありがたい存在でした。

「振り返りタイム」では、県社協 植村コーディネーター(奈良県防災士会相談役)より、「被災者中心」「災害ボランティアセンターには人が欠かせない」「感染症対策は必須である」等、今後につながる言葉を頂き訓練を終了しました。                  (報告者:八木沢 潔防災士)

 

 

 

「子どもとタッチ!つながるスイッチ」オンラインワークショップ開催の案内

奈良県社会福祉協議会から、奈良防災プラットフォームの加盟団体の近畿ろうきんのオンラインワークショップの案内がありましたので、お知らせします。参加希望の方は、各自で申し込みをお願いします。

 

奈良防災プラットフォーム連絡会事務局の奈良県社協(担当:田中)です。

さて、本日は近畿ろうきん様よりオンラインワークショップの案内がありましたので、奈良防災プラットフォーム連絡会参画団体の皆さまへ案内いたします。

3月6日(土)に以下の「エイブル・アートSDGsプロジェクト2021」(オンライン)の取組みの一つとして、子どもへの防災教育に取組むNPO「ママコミュ!ドットコム」による防災に関するオンラインワークショップを開催されるとのことです。内容は、子どもと保護者を対象に「みんなの防災カルタ」を作るワークショップです。

また、3月14日(日)のエイブル・アートSDGsセミナー(オンライン)では、「ママコミュ!ドットコム」より、上記の防災に関するワークショップの開催報告もあるとのことです。

開催まで日にちがございませんが、近畿ろうきん様にご配慮いただき、申込につきまして、前日までお受けいただけるとのことです。

20210215_news
近畿労金