日本防災士会奈良県支部「防災研修会」のお知らせ

  奈良県支部では下記の日程で「防災研修会」を開催します。
今回は、県外研修会として和歌山県の「稲むらの火の館」を訪問します。
いつ、どんなところで災害に遭遇するかわかりません!
防災士としての広い知識が必要とされます。
多くの会員の参加をお待ちしています。
◇ 日  時   平成23年2月6日(日)
◇ 場  所   和歌山県有田郡広川町
          「稲むらの火の館」(津波防災センター)
◇ 参加費   一人 2,500円(入館料+交通費含む)
          ※ 昼食代は各自負担
◇ 申し込み  別途、会員宛に送られる「返信はがき」または、メールで。
          E-mall bousaishikai_nara@yahoo.co.jp
◇ 締め切り  平成23年1月23日
◇ 問合せ   奈良県支部教育・研修部会
          (事務局 南上まで 090-8655-7182 )
※ 会員の皆様へは、近日中に「防災研修会」の案内が郵送されます。
   当日の集合場所及び時間や、詳細は、別途郵送される案内書をご覧下さい。
参考資料  「稲むらの火の館」HP http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/inamuranohi/

「災害時における外国人支援研修会」が開催されます

 
 平成21年度現在、奈良県で生活する在住外国人は92ケ国11,200人を超えています。
また、外国人は、言葉や文化の違いや災害経験の少なさから、地震などの大規模災害時には、支援の必要な要援護者となる、とされてきました。
このような理由から、今回、(財)なら・シルクロード博記念国際交流団が主催して「災害時における外国人支援研修会」が開催されます。
 防災士の方を始め、この課題に興味のある方は、是非、参加して下さい。
◇ 日時  平成23年1月21日(金)、14:00~16:30
◇ 場所  奈良県文化会館(集会室A・B)
◇ 講義  「在住外国人の立場から災害時を考える」
         時  光  氏 (全国市町村国際文化研究所)
◇ グループワーク 「災害発生時に備えた連携・協働にむけて」
         高木和彦 氏 (NPO法人多文化共生マネージャー全国協議会副代表)
◇ 主 催  (財)なら・シルクロード博記念国際交流団、奈良県
◇ 参加費  無料
◇ 申込み  氏名、所属団体(団体の方)、連絡先(電話もしくはE-mallアドレス)を
      記入し、主催者まで
     (電話0742-27-2436 FAX 0742-27-2434)
※ 防災士の方で参加希望の方は、電話またはE-mallで事務局まで申し込んで下さい 
          
          

日本防災士会奈良県支部 広報 Vol.4