ブロック別研修会・タイムライン

平成29年7月23日(日)、奈良県防災士会の定例研修会として「ブロック別研修会」が行われました。

  午前中、大和郡山市民交流館で奈良市ブロック研修会
   ・28名参加(内スタッフ9名)
 午後、同じく大和郡山市民交流館で北和ブロック研修会
   ・23名参加(内スタッフ10名)
 夜、奈良県社会福祉総合センターで中和・南和ブロック研修会
   ・29名参加(内スタッフ10名)

 研修内容は「タイムライン」
記録的短時間大雨情報が7回も出されて大災害になった、九州北部豪雨を始め、北海道や秋田でも水害が起き、台風や低気圧に、いつ、誰が、どのような備えをし、命を守ることになるか検討が行われました。
今後、地球温暖化で海面水温が上昇し、空気中の水蒸気が増え、台風も巨大化するなど気象災害が増加することが懸念され、各地域で、みんなで検討し備えをすることが必要だと確認しました。  <村山 央 防災士>

DSC_0012

DSC_0029

DSC_0047
CIMG4649

CIMG4665

CIMG4674

IMG_6060

IMG_6076

IMG_6084

CIMG4681

DSC_0190

夏休みお天気フェアー開催のお知らせ

毎年恒例のお天気フェアが下記要項で開催されます。
奈良地方気象台、気象予報士会、奈良県防災士会共催です。
奈良県防災士会からは災害に役立つ小技や子供向け簡易担架の講習と、防災紙芝居を上演します。
今までは既成の紙芝居を使用していましたが、奈良県防災士会オリジナル紙芝居を作成し、今回が初お披露目となります。

日時:8月5日(土)9時30分~15時30分
場所:奈良市防災センター

会場2階で受付をして、防災士会ブースにお越し下さい。
その他たくさんの催し物があります。
是非ご来場下さい!

 

お天気フェア2017 ポスター案0525

防災講演会の案内

 

奈良県防災士会の伊藤東洋雄さんより、下記の依頼がありましたので、転送します。

何時もお世話になり有難うございます。

この度、私が所属しています別のNPOで防災講演会を企画しました。

防災士会でも取り組もうとしている「地区防災計画」に関するものです。

就きましては、案内状を添付しますので、奈良県防災士会の会員の皆様に

転送していただくようお願いいたします。

奈良県防災士会 伊藤東洋雄

講演会案内状
I-siteなんばアクセス

葛城市太田地区防災訓練

平成29年7月15日(土)、葛城市太田集落センターにおいて、「太田防災訓練」が行われ太田地区の皆さん91名が避難訓練もかねて参加されました。
 奈良県防災士会から植村理事長、杉村正春、村山央 防災士、葛城市防災士会から奥村吉成防災士以下12名の防災士が参加し、土砂災害についての講演、三角巾、簡易タンカ、新聞紙スリッパ、防災紙芝居、炊き出し訓練を行い、防災意識を高めることができました。  〈村山 央 防災士〉
CIMG4574

CIMG4581

CIMG4582

CIMG4585

CIMG4586

CIMG4587CIMG4583 

斑鳩町避難訓練

 平成29年7月9日(日)斑鳩南中学校において、「大和川の氾濫に備えた避難訓練」が行われました。法隆寺第三団地、目安地区の皆さん約130名が参加され、一時避難場所で安否確認をしたのち中学校まで、用水路などの危険個所の確認をしながら避難訓練を行いました。
本会から植村理事長、末田政一、川口均、柏田勝幸、北村厚司、北村しおり、大北容子、修田智道、板垣伴之、堀進、大坂間弘明、吉岡彰、湯口登美子、村山央防災士が参加し、川口防災士が「斑鳩町南部地域の水害時避難訓練のために」と題して講演しました。
九州北部豪雨の直後でもあり、皆さん熱心に取り組まれました。 <村山 央 防災士>
1

2

3

4

5

6

広陵北小学校区防災訓練

 平成29年7月8日(土)広陵北体育館において、広陵北小学校区合同防災訓練が行われ、地区の皆さん約400名が避難訓練も兼ねて参加されました。梅雨の晴れ間の暑い中、九州豪雨の犠牲者に対して黙とうしたのち、防災講演、AED,感震リレー、消火訓練などに汗を流されました。本会は、植村理事長の指揮の下、北村厚司、北村しおり防災士による「防災紙芝居」、板垣伴之、掘進、杵島良仁、西村友里防災士による「新聞紙活用防災グッズ作り」、大坂間弘明、吉岡彰、丸山キミ子、村山央防災士による「ロープワーク」を研修してもらいました。
九州北部豪雨の直後でもあり、皆さん熱心に取り組まれました。  <村山 央 防災士>
IMG_0758< IMG_0761

IMG_0762

IMG_0767

IMG_0769

IMG_0770

IMG_0771

IMG_0773

IMG_0775

九州北部豪雨災害について

九州北部豪雨災害について、奈良県防災士会としての、対応の状況です。

九州北部豪雨災害

防災研修会「熊本地震」

 平成29年7月2日(日)奈良文化会館において、日本防災士会及び日本防災士会関西連絡協議会主催の防災研修会が開かれ、約80名が参加されました。日本防災士会熊本県支部長 宮下 正一 氏から、「熊本地震!現地対策本部の立ち上げと支援活動」と題して、活動とご苦労を講義していただきました。
 手話による自己紹介の後、奈良県ほか全国から約800名の防災士がボランティアとして支援に参加したこと、支援金等に対するお礼の言葉がありました。
 地震の揺れが収まると同時に、ブレーカーを落とし、玄関の非常持ち出し袋と懐中電灯を持って庭に避難したこと。自宅や実家が全壊したにも関わらず、次の日には益城町役場に駆けつけ支援本部を立ち上げたこと。(テントに寝泊まりしながら)がれき処理や、家具の片づけ、他団体や自治体との連携状況、良い避難所、悪い避難所、避難所の掲示板の有効性、問題点、避難所でのストレスの例、留守になった家での盗難などなど沢山の貴重な体験や、毎日のように「ありがたかったバイ」という言葉が寄せられたことなどを講演していただき、自覚を新たにした有意義な研修になりました。 
<防災士 村山 央>
DSC_0232 - コピー

DSC_0233 - コピー

DSC_0234 (1)

DSC_0248 (1)